デザイン情報

デザイン誌「AXIS」

AXIS Magazine vol.213

Cover

vol.213 2021年09月01日 発売

定価
税込1,800円
表紙
木村浩康(フロウプラトウ)、塚本裕文(フロウプラトウ)
取扱オンラインショップ LIVING MOTIF Amazon.co.jp
Fujisan.co.jp

特集 
SINCE 1981 ーー デザインの求心力と遠心力

【創刊40周年記念特別号】
「AXIS」は1981年、「デザインの時代に新しい座標軸(アクシス)を」という想いのもとに創刊し、今年で40年を迎えた。213号目となる本号では創刊当初の想いに立ち返りながら、この40年のデザインの歩みを振り返るとともに、デザインが今後、社会のどのような領域やシーンでいっそう求められていくのかを探る。

通常号と比べ20ページ超の増ページ、40ページにわたるデザイン年表や50名を超えるオピニオンリーダーからのメッセージなど、デザインが持つポテンシャルを知れる「永久保存版」の本誌を、お楽しみください。

AXIS 40th COVER:ザ・メイキング・オブ・ストーリー 
「AXIS」の40年をデフラグする

40周年号の表紙は、デジタルテクノロジーを駆使したコミュニケーションやグラフィックデザインを展開するフロウプラトウ(旧ライゾマティクスデザイン)を迎えて制作された。同社アートディレクターの木村浩康、プログラマーの塚本裕文、AIによる映像や画像の解析を専門とするインテリジェンスデザインの末廣大和らによる制作ストーリーを掲載。

Chapter 1 
デザインクロニクル 1981-2021

本誌記事を軸に世の中のできごととデザインの視点から41年間のトピックを抽出しました。本章の年表は「AXIS」の一部でしかありませんが、それでも変わりつづけるデザインのありようを縦横に眺めることで感じてもらえるのではないだろうか。

Chapter 2 
AXIS40年のグランドプラン

約3万ページに及ぶバックナンバーをめくると、時代の流れとともに動く、人々の創造活動のうねりが見えてくる。1枚1枚の多様なページから「デザインの時代」を俯瞰する。
※全文はQRコードからご覧いただけます。

Chapter 3 
未来のデザイナーに求める視座

これから活躍するデザイナーたちに「AXIS」が大事にしてほしいと願うのは「社会教育」「地球環境」「身体性」という3つの視座。これらの視座を持って活動をするクリエイターたちから寄せられた多数のメッセージのほか、「養老孟司インタビュー:諸行無常の世に生きること」、「対談:土田貴宏(デザインジャーナリスト)× 津久井五月(SF作家)」を掲載する。