デザイン情報

デザイン誌「AXIS」

AXIS Magazine vol.200

Cover

vol.200 2019年07月01日 発売

定価
税込1,800円
表紙
デザイン 新田裕樹(AXIS)
写真
取扱オンラインショップ LIVING MOTIF Amazon.co.jp
Fujisan.co.jp

特集 
Japan&Design 「世界に映る日本デザイン」の今

1981年創刊のデザイン誌「AXIS」。200号を迎える今号は、世界を舞台に活躍するデザイナーやキュレーター、経営者、料理人といった有識者、文化人へのインタビューを通じて、彼ら/彼女らが抱く「日本のデザイン」について、それを象徴するものとともに紹介する。

◉一冊丸ごと特集&英文構成の特別仕様
(和文解説の別冊付き)

インタビュー 
隈 研吾(建築家) 肩の力を抜いた「はずし」や「抜け」

その土地ならではの自然素材を用い、一貫して風土や環境に配慮した有機的建築を手がけてきた彼は、日本のデザインをどのように捉え、いかに影響を受けてきたのだろうか。

インタビュー 
阿部 千登勢(ファッションデザイナー) 意外性のあるもの同士を融合させる

日本の伝統的なものづくりから現在のデザインへと継承された価値観として海外のクリエイションとは対照的な「隠すこと」を挙げる。そして、多様性を受け入れざるを得ない日本の現状は、その蓄積を前向きに応用するための好機だと考える。

インタビュー 
村田吉弘(料理人)日本料理は盆栽ではなく大木にしたい

京都の料亭・菊乃井の三代目は、2013年、和食をユネスコの無形文化遺産に登録させた立役者でもある。伝統的な「和」の先人が語る、日本の真髄と未来とは。

寄稿 
ディヤン・スジック(ロンドン・デザインミュージアム館長) 「AXIS」創刊時からの、日本のデザイン

1981年、「AXIS」創刊の年。東京は、世界のどこよりも未来を予想しに人々がやって来る都市だった。世界で最もダイナミックな経済の首都。革新的なテクノロジーを使い、浮かれ気味なクリエイティブカルチャーをサポートする場所。言ってみれば、日本はちょうど今日の中国だったのだ。81 年、それは長い好景気の始まりだった。<本誌に続く>

対談 
長谷川祐子(キュレーター)×田根 剛(建築家) 無意識に培われた、日本の美意識に向き合う

「日本のデザインを象徴するもの」とは何か。
キュレーターとして、海外のミュージアムでの企画展を成功に導いてきた長谷川祐子と、エストニア国立博物館を設計するなど、パリを拠点に活躍する田根 剛が俯瞰して捉えた日本像とは?