デザイン情報

AXISフォーラム

AXIS Forum

第64回 津田 直氏(写真家) 講演会「原点回帰 vol. 02」
日時
2020年10月17日(土) 17:00~18:00
会場
AXISギャラリーからオンライン動画生配信となります。
参加費
無料
お問い合わせ
forum@axisinc.co.jp

第64回 津田 直氏(写真家) 講演会
「原点回帰 vol. 02」

終了しました

新型コロナウイルスによって世界は一変しました。これまで当たり前だったことができなくなり、その影響は社会のシステムや経済活動、個人の価値観にまで及んでいます。その変化を受け止めつつ新しい未来を築いていくためには、原点に立ち返り、自らの「核」を考えることが必要なのではないか。そんな思いからさまざまな領域で活躍するスピーカーをお招きし、お話を伺います。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

その地に幾度となく足を運び、旅を通した作品づくりで知られる写真家、津田 直さん。撮影地は、国内では北海道の根室から沖縄の島々にまで及びます。海外に至っては、時にサハラ砂漠の風の民やヒマラヤの小国の寺院、北極圏に暮らす人々などを訪ね、歩き続けてきました。津田さんが捉えた一瞬は、人類共通の普遍的な「何か」を心の奥深くに語りかけてくるようです。
同時に10年にわたって行なっている縄文フィールドワークを通して、縄文から現代に生きる私たちが学ぶことはたくさんある、と言います。
物理的な移動が制限されるなかで、内なる旅を続けているであろう津田さんに、自身の原点やこれから人間は自然とどのように向き合っていくべきかなどについてお聞きします。

お申し込み:事前申し込み制
下記ページからお申し込みください。 
※当日の開始時間までに、登録されたメールアドレス宛に配信URLを送ります。
https://forum-genten02.peatix.com/


写真クレジット
Grassland Tears Itabashiyama #1 © Nao Tsuda, Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

津田 直氏(写真家)

写真家。1976年神戸生まれ。世界を旅し、ファインダーを通して古代より綿々と続く、人と自然との関わりを翻訳し続けている写真家。文化の古層が我々に示唆する世界を見出すため、見えない時間に目を向ける。2001年より国内外で多数の展覧会を中心に活動。
主な個展に、『漕ぎだし』(主水書房、2005)、『SMOKE LINE-風の河を辿って』(資生堂ギャラリー、2008)、『果てのレラ』(一宮市三岸節子記念美術館、2009)、『REBORN “Tulkus’ Mountain(Scene 1)”』(Taka Ishii Gallery Kyoto、2012)、『On the Mountain Path』(Gallery 916、2014)、『エリナスの森』(三菱地所アルティアム、2018)、『辺つ方の休息』(太宰府天満宮 文書館、2018)、『湖の目と山の皿』(八ヶ岳美術館 原村歴史民俗資料館、2019)などがある。また海外では、Paris Photoをはじめ各国のアートフェアに参加、2012年より国際交流基金主催の『東北−風土・人・くらし』展では、海外50都市以上を巡回中。2010年、芸術選奨新人賞美術部門受賞。大阪芸術大学客員教授。