デザイン開発

デザイン制作

Space 038

ICOM 2019 Kyoto - Museum Fair and Expo Forum -

2020年にオープンするアーティゾン美術館の魅力を伝える国際博物館会議での展示ブースデザイン。

複数の什器を点在させることで多方向からのアクセスを可能にしたプランとし、壁で囲うことなくブースの誘目性を高める為に質感の良いマットなPタイルで全体を構成した。

新築した美術館を想起させるべく、Pタイルの目地はファサードのグリッドパターンを踏襲。全ての什器は目地を活かした目立たない収納でもあり、ブース全体を展示空間として活用できる仕様とした。

モニターを収めた壁的な要素から商談の為のテーブル的な要素まで、同一の素材でまとめ上げることで、美術館の整理された美しさを伝える空間を目指した。

PDFダウンロード