デザイン開発

デザイン制作

CI / VI 011

コニカミノルタ CI

2003年8月のコニカ社とミノルタ社の統合時のCI開発業務。

CIシステムの核となるコーポレートシンボルのデザイン開発においては、ソール・バス氏が手掛けたミノルタ社のシンボル「グローブマーク」と両社のデザイン部門で開発したロゴタイプの基本案をベースに、マークとロゴタイプの精緻化および表示基準の設定を行った。

グローバルに展開されるアイテムとして、名刺、ステーショナリー、帳票類、広告・販促物、施設サイン、車輌マーキング、展示会、副資材等、トータルにアプリケーションデザインを開発した。

さらに、マニュアル配布やロゴのダウンロードなどができるオンラインのCIマニュアルを開発。グローバルに効率的な運用を図れるシステムを構築した。

両社の統合・CI展開開始まで4ヵ月という期間の中、効率的にCIシステムを展開する業務を計画・実施。CIシステム完成後も「ブランドを育てる」ことを目的として、時代や事業領域の変化に基づいたCIシステムの運営・管理およびデザイン展開に関するコンサルティングを行っている。

関連プロジェクト

PDFダウンロード