AXISビル

イベント

Event

Photo
期間
2021年06月05日(土) ~ 07月03日(土)
12:00 ~ 18:00
会場
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
入場料
無料
お問い合わせ
Tel: 03-5575-5004
URL: http://www.takaishiigallery.com/jp/
クレジット
名和晃平 「Wandering」1996 年 C-print 8.8 x 12.7 cm © Kohei Nawa / Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE

名和晃平 「Wandering」


タカ・イシイギャラリーにて初個展を開催します。
初めて公開される写真は、「PixCell」シリーズの原型となる作品が生まれた2000年の直前、京都市立芸術大学在学中の数年間に撮影された作品です。35mmフィルムカメラを手に京都の町を歩いた名和氏がスナップショットで撮影した写真は、演出されることなく、偶然出会った被写体が控えめな距離感で時に思い掛けない構図で切り取られています。その後世界の表層への関心を基点に名和氏の作品は展開していきますが、これらの写真作品からはその胎動を感じ取ることができます。

本展では、京都市立芸術大学在学時代に撮影した数多くの写真の中から約25点の作品を展示します。この機会にぜひご覧ください。

詳細はこちら


名和晃平

1975年大阪府生まれ。京都在住。英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート留学を経て、2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程修了。アジアン・カルチュラル・カウンシルの支援によりニューヨーク、ダイムラー・クライスラーによりベルリンに滞在(2005〜2006年)。クリエイティブ・プラットフォームSANDWICH (京都)を2009年に創設しディレクターを務める。主な個展に、「Foam」金沢21世紀美術館(石川、2019年)、「SCULPTURE GARDEN」霧島アートの森(鹿児島、2013年)、「名和晃平-シンセシス」東京都現代美術館(2011年)、「L_B_S」銀座メゾンエルメスフォーラム(東京、2009年)などが挙げられる。また、「Japanorama: A New Vision on Art since 1970」ポンピドゥ・センター・メッス(2017年)、あいちトリエンナーレ(2016年、2013年)、「M Home: Living in Space RedStar」ユーレンス現代美術センター(北京、2014年)、「リウム開館10周年記念展: 交感」サムスン美術館リウム(ソウル、2014年)、第6回アジア・パシフィック・トリエンナーレ(ブリスベン、2009年)など多数の国際展に参加。京都芸術大学教授。