AXISビル

イベント

Event

Photo
期間
2019年03月09日(土) ~ 04月27日(土)
11:00 ~ 19:00
(定休日:日曜・月曜・祝日)
会場
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
入場料
無料
お問い合わせ
Tel: 03-5575-5004
official web site
  • subimage
  • subimage

平田 実「東京慕情/昨日の昭和 1949-1970」

終了しました

タカ・イシイギャラリーで2度目となる平田 実の個展を開催します。本展では、市井の人々や東京の街、社会の有り様を戦後復興期から高度経済成長期にかけて活写した同名のシリーズより、約26点を展示します。

リアリズム写真が台頭した1950年代より、フリーのフォトジャーナリストとして活動を始めた平田実は、東京の街や風物、人々を被写体に撮影を行いました。戦後間もない東京では、進駐軍の靴磨きや路上で立ち売りをする人の姿も見受けられ、平田は社会の現実と向き合いながらも、未来への希望に満ちた街の空気を彼らのたくましく生きる姿に見出し、写真に捉えました。紙芝居や縁日に目を輝かせる子供たちへ親しみのこもった眼差しを向け、ちんどん屋や芸妓神輿など、やがて時代の中で変わり、消えゆくかもしれない風物の哀愁を帯びた情景を取材した作品群は、時代の情緒を色濃く写し取っています。

その後、60年代の前衛芸術家のパフォーマンスを臨場感と記録性を兼ね備えた作品に定着させ、単なる記録者を越えた対象との「共生」による表現を追求した後、平田は70年代に再び東京の街へと目を向けます。都市開発事業の中心として高層ビルの建築が進む新宿で、日々変化する街並みと人々の様子を記録した写真は、50年代の東京を写した写真とあわせ、「東京慕情/昨日の昭和 1949-1970」シリーズとして纏められました。

展覧会カタログの刊行

本展の開催にあわせ、展覧会カタログを刊行いたします。
―詳細―
平田実 『東京慕情/昨日の昭和 1949-1970』
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム刊(2019年)
販売価格: 未定
ソフト・カバー、掲載図版38点、H 21 x W 14.8 cm
平田実によるテキストと細谷修平によるエッセイを収録(英語・日本語)
詳細はギャラリーへお問合せ下さい。

平田 実

1930年東京生まれ(2018年没)。国会速記者を経て、独学で写真を始める。
1953年『アサヒカメラ臨時増刊 國際寫眞サロン』への写真発表をもって実質的な写真家デビューを果たし、以降フリー・フォトジャーナリストとして活動。1950年代から70年代にかけて、戦後復興から高度経済成長へと向かう東京の街や社会、市井の人々の姿を記録する。また1960年代には、小野洋子、赤瀬川原平、篠原有司男、ハイレッド・センター、ゼロ次元といった前衛美術家たちの活動を写真に収め、週刊誌への掲載を通しひろく紹介。対象や状況に積極的に関与し主体的に撮影を行う平田の姿勢は、1960年代後半から70年代前半の沖縄を捉えたシリーズや、スカイ・スポーツを取材した写真群としても結実している。