デザイン情報

デザイン誌「AXIS」

AXIS Magazine vol.192

Cover

vol.192 2018年03月01日 発売

定価
税込1,800円
表紙
Illustration: Yasuhiro Suzuki
写真
取扱オンラインショップ LIVING MOTIF

特集 
これからの認証&セキュリティ。

認証を求められる機会が増えている。スマホやパソコンの起動、電子決済、入退室、DNA鑑定……。
増え続ける認証機会や方法に対し、デザインはどのような役割を果たすことができるのか。
今号では、認証技術やセキュリティにまつわる最新の取り組みやクリエイターの提言から、個と社会をつなぐ新たな関係性を考えてみたい。

リーダーズ 
細尾真孝 細尾 常務取締役

京都・西陣の細尾は、1200年の伝統を持つ西陣ならではの技術を応用し、西陣織を帯ではなくマテリアルとして海外でも展開。ラグジュアリーな唯一無二のテキスタイルを生み出す機屋として、ファッションのトップメゾンから熱い視線が注がれている。
また、家電やクルマの大手メーカーや研究者、クリエイターとの未来を予感させるコラボレーションでもしばしば話題に。フィールドを拡大させたプロセスと背景には、日本のものづくりを活性化させるヒントが詰まっている。

インサイト 
自転車シェアリングサービスの先に広がる風景 ―モバイクが見据える世界展開

2016年4月に上海でサービスを開始してから約2年で世界最大のシェアサイクル事業者となったモバイク。手軽でエコ・フレンドリーな移動の足としてだけでなく、都市部における慢性的な交通渋滞を緩和する手段としても、その事業には大きな期待が寄せられる。
同社でデザイン部門を率いるガオ・シュウサンにサービスを支えるデザインとテクノロジー、そしてモバイクの世界展開へのビジョンについて聞いた。

インサイト 
ハイファッションを支えるインドの手仕事

インドの卓越した手仕事の技術は、近年、伝統的な民俗工芸品とは別に新たなものづくりに貢献している。デンマーク出身のデザイナー、ベス・ニールセンとヤン・マッケンハウアーがパリに設立したストールブランド「エピス」やシドニーをベースにパリコレクションでも活躍する「アキラ」も、その技術に着目する。
この2ブランドを例に、インドの手仕事技術とハイファッションのコラボレーションの現場を探る。

インサイト 
モビリティサービスのプラットフォーマーへ― トヨタ「e-Palette Concept」

自動運転で何ができるようになるのか? 自動車メーカーにとって、ここ数年の大きなテーマだ。車内で寛いだり、動画を観たりというのもよいが、モビリティサービスに自動運転を活かせばもっと大きな世界が広がる。
1月、ラスベガスで開催された家電見本市「CES」でトヨタが発表した「e-Palette Concept(イー・パレット コンセプト)」は、B to Bを前提とした自動運転コンセプトだ。そこには「モビリティサービスのプラットフォーマーになる」というトヨタの決意が込められている。