デザイン情報

デザイン誌「AXIS」

AXIS Magazine vol.193

Cover

vol.193 2018年05月01日 発売

定価
税込1,800円
表紙
Kyoto KADEN Lab.
写真
Kazuhiro Kitahara
取扱オンラインショップ LIVING MOTIF

特集 
工芸未来。

私たちが「工芸」と呼ぶものの多くは、長い歴史のもとで脈々と伝承されてきた手づくりの技が形や表現に昇華したものが大半です。伝統と革新が響き合うことで進化を遂げたきたそんな工芸が今、新たなテクノロジーや多様なアイデアを取り込みながら、未来に向けてさらなる前進を始めています。デザインやアートの表現手段としても存在感を増しつつある、未来を見据えた工芸のあり方を考えます。

第2特集 
データビジュアライゼーション2.0

膨大で複雑な情報をチャートやグラフを用いて可視化するデータビジュアライゼーション。その利用と役割が、オープンデータ化などの流れを受けてさらなる広がりを見せている。「情報」を「知恵」に変換することで、今まで見えなかった関係性を映し出したり、課題解決の糸口を示してより良い社会づくりにも貢献する。新たなステージに突入したデータビジュアライゼーションの最新動向を紹介する。

リーダーズ 
ピエール・エルメ

その革新性と世界的な影響力から「パティスリー界のピカソ」「最も偉大なフランス人パティシエ」と称されるピエール・エルメさん。4代続くアルザスのパティシエの家に生まれ、若干14歳でガストン・ルノートルのもとで修業を始め、37歳でピエール・エルメ・パリブランドの1号店を日本に開店。古典的だった菓子の世界を斬新で芸術性ある「オート・パティスリー(高級菓子)」とする新たな道を切り拓いた。頂点を極めた現在もなお、革新性を失わないそのクリエイティビティについて語っていただいた。

インサイト 
ビジョンドリブンで象るサイボーグコンセプトモデル「MELTANT -α」

「人類という種を進化させるためにわれわれがすべきことは何か」。そう自問する熱意と強度をもって、未来をつくることを本気で目指したサイボーグプロジェクトの第一歩が今年3月に発表された。既存のデザインワークの雛形とも言える受注発注型のプロジェクトではない、テクノロジー、ファイナンス、クリエイションが三位一体となったビジョン駆動型のプロジェクト。その原動力は、クリエイティブやデザインのこれからの役割を示している。

インサイト 
舞台からコンサート、インスタレーションまで英国のセットデザイナー、エス・デヴリンの描く世界

パフォーマンスアートの分野で、世界トップクラスのクリエイターが集うロンドン。英国出身のエス・デヴリンは、シアター、ダンス、オペラといった舞台デザインだけでなく、ポップ、ロック、ヒップホップといったミュージシャンのコンサートに加え、2012年ロンドンオリンピックの閉会式まで手がけた異色のセットデザイナーだ。コンテンツを深く理解し、セットデザインを「キネティック・スカルプチャー(動く彫刻)」として表現する彼女の手法は、さらに多方面へと広がりつつある。