ヒストリー

History

  • 30年以上にわたるAXISの活動は、デザインの可能性を広げ時代の先端をつくってきた歴史です。

70年代 : 生活にもっとデザインを

  • 1976年、東京六本木・飯倉片町の希有なロケーションに、日本初となる民間によるデザイン拠点の開発計画が「飯倉プロジェクト」として始まった。国内のトップデザイナーやプランナーが関わり、新たなデザイン運動に向けたコンセプトづくりが行われた。ライフスタイル提案、プロモーション提案、空間提案など、高い文化性を貫いた「デザインと生活の提案体」が構想される。デザインの中心軸となることを標榜し、プロジェクトには「AXIS」(軸)という名称がつけられた。

80年代 : デザイン潮流をつくり出す

  • 株式会社アクシス設立

    AXISのコンセプトを統括し、デザイン情報・ネットワークを有するシンクタンクとして株式会社アクシスが活動を開始。(1981年2月1日)

  • AXISビルオープン

    1981年9月23日、六本木・飯倉片町にAXISビルがオープン。直営店舗「LIVING MOTIF」「LE GARAGE」をはじめ、ハイレベルの店舗が集結した。ギャラリー、フォトスタジオ、デザインスタジオ、レストラン等、「デザイン」を貫く新しい複合商業施設として国内外の反響を呼ぶ。

  • AXISギャラリー開館 「エットレ・ソットサス展」

    AXISオープニングイベントとして、メンフィスを結成したデザイナー、エットレ・ソットサス(伊)の作品展を開催。そのインパクトが日本のポストモダン潮流を生むきっかけとなる。

  • デザイン誌『AXIS』創刊

    世界のデザイン潮流を提案する季刊『AXIS』をビルオープンと同時に創刊。ジャンルを超え、デザインコンセプトを重視した編集方針で「動くAXIS」として注目を集める。創刊号の表紙は水平線に「軸」(AXIS)を立てた。

  • 「LIVING MOTIF」開店

    (株)アクシス直営の旗艦店として「LIVING MOTIF」がビルオープンと同時に開店。最先端の店舗空間の中、優れたデザインプロダクトを幅広く紹介した。ライフスタイルショップの先駆として大きな話題を呼ぶ。

  • MoMA協議委員団の来館

    ニューヨークで活動する建築家エミリオ・アンバースの作品展を開催。この展覧会に合わせ、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の協議委員団がAXISビルに来館。(1985年) MoMAとの連携が生まれ、後にMoMAの巡回展「アルヴァ・アアルト/家具とガラス展」を開催する。

  • デザイン誌『AXIS』が国際賞を受賞

    ICSID(国際インダストリアルデザイン団体協議会)のワシントン大会において、創刊5年目のデザイン誌『AXIS』が出版部門賞を受賞。(1985年) 翌年、高まる英文化のニーズに応え、『AXIS』をバイリンガル化する。

90年代 : 新しい領域、情報デザインへ

  • デザイン制作にコンピュータを積極導入

    デザイン誌『AXIS』等のDTP、ウェブサイト制作など、コンピュータによるデザインを積極的に推進。業界の注目を集めた。 (1987〜)

  • 情報デザインの先駆けとなった展覧会

    「リチャード・ソール・ワーマン/情報とデザイン展」開催。情報とデザインの関わりを提案し、コンピュータ時代のデザインを予言。大きな話題を呼んだ。 (1991年)

  • 倉俣史朗デザイン展

    AXISビルに多くの作品を残したインテリアデザイナー倉俣氏の回顧展を開催。後の倉俣デザイン再評価のきっかけとなる。(1996)

00年代 : 進化を続けるAXIS

  • 本格的なデザインコンサルティング業務スタート

    デザイン開発およびリサーチ、戦略開発などのコンサルティング機能を強化。
    蓄積されたノウハウを広くクライアントに向けて展開する。

  • AXISオープン20周年

    直営ショップ「LIVING MOTIF」を全面リニューアル。2階まで増床し、ビル外壁に2階分の大窓を設ける。(2001年)

  • AXIS Font発表

    デザイン誌『AXIS』のための専用日本語書体「AXIS Font」を発表(開発: TypeProject/2001年)。優れた可読性を備えつつ、和文と欧文をモダンに統一。後に販売を開始し、多くのユーザーに支持される。 (2003年〜)

  • AXISオープン25周年

    直営ショップ「LIVING MOTIF」を地下1階に増床し、デザイン、アートの洋書を集めた「ビブリオファイル」を併設。ビルの3層を貫き、国内有数の規模を誇るデザイン・セレクトショップとなった。(2006年)

  • デザインサイト『jiku』 スタート

    デザイン誌「AXIS」の編集スタッフによるタイムリーなデザイン情報サイト『jiku』がスタート。 (2009年)